「トレーニングは見てやるよ、本気ならね」五味隆典、『RIZIN.14』敗北で渡米希望の矢地祐介をバッサリ

 12月31日(月)にさいたまスーパーアリーナで開催された『Cygames presents RIZIN.14』。2日に放送された『RIZIN CONFESSIONS #31』(YouTube)では、出場選手の素顔に迫っている。


 矢地祐介はジョニー・ケースと対戦。2ラウンド目でケースの拳が直撃して右目の上から大量に出血してしまい、ドクターストップで無念の敗北となった。


 ケースは「最高のパフォーマンスが出せてよかった」と試合を振り返ると「ライト級GPがあるなら絶対出たいに決まってるよ、RIZINのチャンピオンになりたいんだ」と意欲を見せる。

 さらに「とってもとっても大好きな日本人の伝説ファイターがいる」と笑顔でコメント。続けて「五味隆典だ、とにかく五味が大好きなんだ」と話し、「PRIDEやUFCで戦っていた五味と試合できたら本当に最高だよ」と対戦を熱望した。


 一方、矢地は「2連敗か、もう辞めようかな」と弱音を吐く瞬間もあったが「日本じゃ駄目だ」と渡米を考えていることを明かす。「やっぱ、ちょっと限界感じてるっすね、やっぱあんだけ背でかくてリーチ長い相手とやったことなかった」と、経験の足りない部分をアメリカの地で補いたいのだと語った。


 これに対し、試合を会場で観ていた五味は「そんな『アメリカ行けばいい』なんて問題じゃない」とバッサリ切り捨てると「トレーニングは見てやるよ、本気でやる気があればね」と、自ら指導することを名乗り出ていた。

(C)AbemaTV


【人気見逃し視聴】
VS那須川天心 3rd 天心選手から緊急発表!

続きを見る