「ウソ、やりたくなかった」鈴木勇人、松下との“壮絶”にらみ合いの裏話を明かす

 6日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


 ゲストの鈴木勇人は1月26日開催の『Krush.97』で松下大紀と対戦。KO勝利で第7代スーパー・ライト級王座に輝いている。


 「始めてなんですよ、試合前に緊張したみたいな、今までプロになって1回も緊張したことなかったんですよ」と、王座決定戦は独特な空気だったと語る鈴木。「試合のときもちょっと感情入っちゃって」と続けると「ちょっと“うろ覚え”みたいな感じですね」と、興奮のあまり記憶が鮮明ではないことも明かした。


 試合の直前には、松下と額をこすり付けながらのにらみ合いで会場をザワつかせたが、仕掛けられた側の鈴木は当時の心境について「ウソでやりたくなかったんで」と、その場の流れに任せるつもりだったという。


 しかし「思ったより自分のスイッチ入っちゃって……」とヒートアップしてしまったという鈴木は「(レフェリーの)注意事項は一切聞いてないです、あのときは」とぶっちゃけて「久々に熱くなりましたね」と振り返った。


 その後、番組では試合をVTRでチェック。にらみ合いの場面が映し出されると、周囲からは「怖い怖い!」「これは恐い」「目が怖い」といった声が飛び交っていた。


(C)AbemaTV


【視聴予約】本日夜19時5分より放送
「3.10 K'FESTA.2まであと30日」出場選手ベストバウト第1弾!

続きを見る