「選手の価値はファンが決める」サイプレス上野、新日退団のKUSHIDAに「バリューを上げて帰ってきたっていい」

 新日本プロレス恒例の1.4東京ドーム大会は、メインの棚橋弘至vsケニー・オメガをはじめとして今年も凄まじい盛り上がりとなった。プロレスファンとしても知られ、大会テーマソングを手がけたこともあるラッパーのサイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)も大会を会場で観戦。1.4ドームを「プロレスファンの年中行事」と言う上野に、大会の感想を聞いた。


――上野さん、今年も1.4ドーム行かれてましたね。


上野 もうプロレスファンの年中行事ですからね。行かなきゃいけないっていうか。気づけば水道橋でした(笑)


――特に気になっていた試合はありますか。


上野 オカダ・カズチカvsジェイ・ホワイトが気になってて。「ここでオカダが負けるとどうなるんだ?」みたいな。実際、負けちゃいましたけど結果として面白かったですね。あと正調・オカダできたのもよかった。キャラ変のキャラ変みたいな。


――コスチュームをパンタロンからショートに戻して。ガウン脱いだ瞬間に会場が沸いてましたもんね。


上野 去年の1.4から1年間ためましたからね。ずっとパンタロンで。ガウン脱いだ瞬間もそうですけど、やっぱりオカダ選手、千両役者感ありますよね。魅力が増してる気がしますね。


――去年IWGPのベルトは落としましたけど、丸腰の姿も逆に新鮮というか。


上野 ジェイに外道さんがついて、突き上げ食らって「追われる色気」みたいなものが出てきたんでしょうね。「負けないでくれ!」みたいな感情移入ができるんですよ、今。


――これまでは能力が高すぎて感情移入できないファンもいたと思うんですけど、また違う感じで。


上野 今回も負けはしましたけど、そこからまた展開が生まれてるわけですしね。今回の試合でジェイの成長も感じられたしよかったですよ。凱旋の時は煽り映像との乖離にちょっと……って思ってしまったので。内藤哲也vsクリス・ジェリコもよかったですね。


――竹刀を持った内藤選手がイキイキしてましたね(笑)


上野 ああいう試合、好きなんだろうなって。プロレス好きなんだな、と。ジェリコもさすがでしたね。


――IWGPに挑戦したい気持ちもあるって話でしたけど。


上野 それをアメリカでやったりしたら凄いですよね。棚橋vsジェリコとか。マジソン・スクエア・ガーデンで。


――海外進出も新日本のテーマですし。それを考えると、棚橋選手に敗れたケニー・オメガ選手の今後も気になるんですが。


上野 KUSHIDA選手も退団して。でもレスラーっていろいろやってみたいんでしょうね。


――舞台を変えて挑戦したい気持ちもあると。


上野 で、アメリカのプロレスというか、その団体のプロレスが合わなかったらまた日本に帰ってくればいいと思いますね。バリューを上げて帰ってくればいいんですよ。選手の価値はファンが決めるってところもあるんで。


――アメリカに関してはAEWの旗揚げも話題になってます。WWE、AEW、それに新日本の世界進出もあって、「世界のプロレスシーン」がどうなっていくのか、今年は重要な年になりそうですよね。


上野 新日本を守っていく価値っていうのも、もちろんあるし。1.4ドームの話に戻すと、ケニーの身体能力はやっぱ凄いし、それに合わせてくる棚橋選手も素晴らしいなと。この試合は、歳が近いのもあって棚橋選手に勝ってほしいって気持ちもありましたね、正直。


――棚橋選手も新たな魅力が出てきてますよね。


上野 満身創痍で頑張るベテランっていう。「俺は疲れたことがない」っていう言葉がありますけど、そりゃ、やっぱり疲れてるよねって。でも、そこで頑張ることで悲壮感が出て。


――そこにグッときちゃう。


上野 これまでは明るいキャラクターで、(アントニオ)猪木さんが作った新日本のイメージを一掃しようとやってきた人じゃないですか。それが気に入らないっていうオールドファンもいたと思うんですよ。でも今の棚橋選手は、オールドファンの心も掴める選手になってるなって。


――そのポイントが「悲壮感」なわけですね。


上野 「アイツも頑張ってるんだなぁ」って思える存在。若い女性ファンを増やしたっていう功績だけじゃなく、今は大人の男が感情移入できる存在ですよ。


――そう考えると、新日本は“対象年齢”が広いですよね。


上野 2020年なんてドーム2連戦ですからね。凄すぎますよ。何考えてんだ(笑)。


――ドームは広いんで、まだまだ観客が増える余地もありますし。


上野 やっぱ大きいんでスタンドだったら席も取りやすいし、ライト層も見に来やすいっていうよさがありますよね。


――大会自体がお祭り的でもありますし。


上野 地上波でちょっと見てますくらいのファンが生で見てみるみたいな。そういう機会って大事ですからね。年中行事、初詣ですから。みんな行くもんなんですよね(笑)。つか、全員2020の1.4&1.5は水道橋に足を運べって! 今まで見たこともない風が吹くって!!


(C)AbemaTV

続きを見る