「落ち込むことはない」メイウェザー、試合後の那須川天心に掛けた言葉の真意とは?

 12月31日(月)にさいたまスーパーアリーナで開催された『Cygames presents RIZIN.14』で、メイウェザーとの世紀の一戦を繰り広げた那須川天心。10日に放送された『RIZIN CONFESSIONS #32』(YouTube)では密着取材の様子を通じて振り返った。


 セコンドからタオルを投げられ、KO負けを喫した天心は「くそーって思ってましたね、ちょっとでも勝てると思ってたんで」と、改めて悔しさをにじませた。


 元プロボクサーの葛西裕一氏は「多分(天心の)左ストレートが先に当たって、あれから(メイウェザーが)急に変わりましたよね、メイウェザーを本気にさせたんですよ」と評価。天心には「これからダメージを取って、新たにやってほしいですよね」とエールを送った。


 試合後、天心が浅倉カンナから「泣かないで、堂々としていいんだよ」と言葉を掛けられる場面があったが、天心は「あの前はもう泣き止んだんすよ、でもあれ言われてもう一回泣いちゃって……いや本当、我慢してたんすよ、我慢してたっいうか、もう『いやあ、言うなよ』と思って」と、苦笑いしながら振り返った。


 一方、メイウェザーは試合が終わると天心に「気にしないでくれ、これは戦績には残らないから、エンターテインメントなんだよ」「素晴らしいファイター。まだ若いんだから、落ち込むことはないから」と言葉を掛け、「あくまでもエンターテインメントである」ことを強調していた。

(C)AbemaTV

続きを見る