仁義なき“顔面噴射” 万喜なつみ、伊藤麻希に惜敗で「生まれ変わっても伊藤君みたいな人生は歩みたくない」

(試合は水噴射など万喜が優勢の場面も多かったが)


 2月23日の東京女子プロレス新宿FACE大会で行なわれた伊藤麻希vs万喜なつみのシングルマッチは、伊藤にとって初めての“売られたケンカ”だった。


 今年からフリーとして東京女子に出場している万喜は、参戦発表会見で意識する選手として「伊藤麻希」といきなり呼び捨て。さらに「自分のこと可愛いって言ってますけど、家に鏡あるんですか?」と挑発してみせた。


 アイドルグループLinQの元メンバーで、現在はエンターテインメントユニット・トキヲイキルに所属している伊藤。一方、万喜も芸能事務所に所属しており、持ち前の負けず嫌いが発動したようだ。「強さでも可愛さでも私のほうが上」と万喜。対する伊藤はドラマ「豆腐プロレス」や松井珠理奈など自分より大きな相手に噛みつきまくってきたが、ケンカを売られたのはこれが初めて。そこに充実したものを感じつつ、子供時代から芸能界で活動、バトントワリングでも活躍した万喜の経歴にコンプレックスを刺激されたという。そして、そういう時こそ燃えるのが伊藤でもある。


 試合は負けず嫌い同士の負けん気対決といった様相に。技を決めてはポージングで観客にアピールする万喜。さらに口に含んだ水を顔面に噴射する場面も。伊藤も水噴射のお返しに中指を突き立てての挑発と一歩も退かない。さらに万喜はエルボーの打ち合いから思い切りビンタ。伊藤も打ち返して意地も顔面も張り合っていく展開となった。最後は万喜の必殺技バックラッシュを潰し、伊藤が全力の抑え込みで3カウントを奪った。キャリアで上回る相手からの、シングルマッチでの価値ある勝利だ。

(試合後は伊藤らしいマイクが炸裂。しかし万喜もインパクトを残した)


 そして試合後は「伊藤劇場」久々のフルスロットル。「一回負けたくらいで落ち込んでんじゃねえ! お前は伊藤よりいいもん持ってる」と万喜を叱咤激励すると「お前は伊藤より人気あるし愛嬌あるし、技もスピードもスタミナもプロレスのセンスも揃ってるじゃねえか!」。そんな万喜がうらやましかったと伊藤は言う。


「だって伊藤は可愛さ意外、勝ってるところがないから! これは皮肉じゃない!」


 自分が負けている部分を認める謙虚さ持ちつつも上から目線を崩さない、独自のマイクアピール術を確立させた伊藤。「お前みたいな人生を歩んでもよかったかなって思えた」とまで万喜を称えたのだが、万喜は「私は生まれ変わっても伊藤君みたいな人生は歩みたくない」とバッサリ。今回は伊藤の勝利となったものの、両者の「強さと可愛さ」をめぐる遺恨は隙あらば再燃しそうでもある。マイク、コメント、試合内容すべて含めて、新たな“東京女子プロレス名物”が誕生したと言ってよさそうだ。

文・橋本宗洋

(C)DDTプロレスリング


【その他注目記事&動画】

続きを見る