「みんなが望む試合、何より僕が望む試合を」武尊、2019年の展望を語る

 3月10日開催の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~』でヨーキッサダー・ユッタチョンブリーとメインイベントで対戦するK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊。『ONE DAY』スタッフは、試合を控えた武尊の3度目の海外武者修行に密着取材を敢行。


 今回は『K'FESTA.2』に出場する同門の兄貴分である卜部弘嵩も同行。さまざまなジムへの出稽古や最先端のフィジカルトレーニング、“アメリカの師匠”であるドゥエイン・ラドウィックとのミット打ちなど、充実したアメリカ修行を終えた武尊は「ザ・武者修行って感じ」と満足げに総括する。


 「きっかけをいっぱい作る、なんかそういう感覚の修行になったかな」と振り返ると「後はもう日本に帰ってすぐに追い込み練習に入るんですけど、修行で得た技術をどんどん身に着けて、3月最高のKO勝ちができると思うので、こっからですね」と次戦の勝利に揺るぎない自信を見せた。


 さらに格闘家としての“これから”について「自分のやりたい試合だけやる年にしたい」と語る武尊は「やっていくことが大きいことになると、大きくなればなるほど実現は難しくなる」と説明。しかし「今回もラジャダムナンの現役チャンピオンをK-1に呼ぶことができたし、こう1つ1つ実現できているという実感はあるので、そうしていけばおのずと、みんなが望んでいる試合も、何より僕が望んでいる試合をできると思うので」と力強く話した。


 「そのために、今年はやれることをやりきって頑張ろうかなと思ってます」と誓った武尊は「今年中に僕のかなえたい目標というか、達成したいことを全て成し遂げて……成し遂げます」と、胸に秘めた“目標”について明かした。


(C)AbemaTV


【注目動画】
▶武尊、三度目の海外修行に密着!

続きを見る