「吐いたツバ飲み込むなよ」芦澤竜誠、皇治を再び挑発 ファンには「見た後にギャーギャー言えって話」と強気の要求

 3月10日開催の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~』でホルヘ・バレラと対戦する芦澤竜誠が試合に向け、公開練習後にインタビューに応じた。


 かねてより皇治との対戦を望んでいる芦澤だが、今回実現しなかったことについては「卜部選手に負けちゃったからしょうがないけど、まあ今年すぐできるんじゃないですか?」と対戦をにおわせた。


 「武尊とやった以上にそれに近い、それ以上に盛り上げるんだったら、K-1選手で誰とやるんだよって話です」と続けると「よく頭使った方がいいっていうか、よく考えて。『眼中にない』とか言うんじゃなくて、お前ファンサービス、ファンが大事とか言ってんだったらそうしろよ」と挑発的に語る芦澤。


 「お前はそう言った以上、吐いたツバ飲み込むなよって話です。俺は『やってやってもいいよ』って感じです」と饒舌に語った。


 次戦については「間違いなくKOですね、KOしか狙ってないですよ。KOしか狙ってないっていうか、今の俺の実力でいけばほっといてもKOになる」と余裕の発言。さらに今後について、自身が望む実力に見合った試合を組んで欲しいと語ると「俺が“嫌気づく”前に、俺とやりたいやつはやっておいたほうがいいっていう話ですね」とまで言い放った。


 最後にファンに向けてのメッセージを求められた芦澤は「誰とやりたいとかギャーギャー俺が言うけど、『芦澤竜誠だったらやってもいい』と思わせる試合をするんで、とりあえず黙って見といてもらいたいですね。見た後にギャーギャー言えって話です」と自信をのぞかせた。


(C)AbemaTV


【注目動画】
▶誤解されがちな芦澤竜誠の素顔

続きを見る