「はっきり言って武尊」魔裟斗、ムエタイ王者に武尊が“圧勝”予想のワケ/『K'FESTA.2』

 3月10日に開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~』。試合に先駆け、スペシャルゲスト解説を務めるK-1 WORLD MAX 2003&2008世界王者・魔裟斗が「注目する試合ベスト5」をピックアップし、そのポイントについて語った。


 最も注目している試合として挙げたのは、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊と、ムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーの一戦。魔裟斗はそのポイントを「K-1の3階級王者対ムエタイチャンピオン。どっちが勝つか、K-1対ムエタイどっちが強いかって試合ですよね」とシンプルにまとめた。


 勝敗については「はっきり言って武尊だと思ってます」と明言。「僕もムエタイのチャンピオン、ラジャダムナンのチャンピオンともK-1のトーナメントでやったことがあるし、KOで勝ってるんですよ。あとブアカーオ(ポー.プラムック)、これもムエタイのチャンピオンですね、この2人にも勝ってるんで」と、自らの実績を根拠にした。


 「ムエタイとK-1は似たようで全く別なものなんで、武尊のスピードについていけないと思うんですよ、ヨーキッサダーは」と解説する魔裟斗は「あんな回転の速いパンチのコンビネーションとかもらったことないと思う」と推察する。


 さらにヨーキッサダーは「組み膝の選手」で、組み膝が禁止されているK-1では「分が悪い」と語るも、その練習で培われる腕力に注目して「固い石みたいなパンチは持ってるんじゃないかな、パンチのイメージがないのでそこを油断してもらうと『結構やばいパンチだぞ』って思うかもしれない」と警鐘を鳴らした。


 加えて「ムエタイのチャンピオンっていう人はなんでもできる選手なんですよ」と、多彩な“引き出し”を持っている可能性について言及した魔裟斗。「もしかしたら、僕らが見た映像にはない攻撃を持ってるかもしれない」と警戒するも「そうなったときに武尊がどういう風に戦えるか」と武尊の“対応力”に注目した。


 最後に魔裟斗は「武尊のパンチはバンバン当たると思います。KO勝ちするんじゃないか」と、改めて武尊の勝利を確信していた。


(C)AbemaTV


【視聴予約】
▶『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~』

続きを見る