「今日から格闘技ブーム」 武尊、右足負傷を乗り越え“人生の大一番”でムエタイ王者をKO

 3月10日、K-1がさいたまスーパーアリーナでビッグマッチを開催した。


 そのメインイベントに登場したのは、現在のK-1のトップスター、武尊だ。昨年は3階級制覇を達成、初の大阪大会も成功させた武尊。今年の第一戦となる今大会では、ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのフェザー級王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーと対戦した。


 武尊はこの試合を「キャリア、人生の中で大一番」と位置付けていた。それだけにモチベーションも高かったという。実際、リングで向き合ったヨーキッサダーは手数こそ少ないものの隙がなく、ミドルキックも「もらい続けたら腕が折れる」と感じるほど強烈だった。序盤からインローを何発も繰り出していった武尊だが、それは「インローくらいしか出せなかった」からだという。しかも、試合前には右足を負傷していたそうだ。


 だが、そんな厳しい試合だからこそ武尊の底力も出た。2ラウンド、相手が前に出てきたところに勇気をもって踏み込み、カウンターの右ストレートでダウンを奪う。そこから思い切りのいい連打を叩き込み、これまでKO負けがなかったというヨーキッサダーを、完璧にKOしてみせた。ルールが違うとはいえ、現役ムエタイ王者を倒したことは大きい。


「この試合にメチャクチャかけてたんで、言葉が見つからないです」


 そう語った試合後の武尊。K-1を背負って闘い続けてきた男にとって、今回の試合はムエタイ王者との“看板をかけた他流試合”という面もあった。そして同日に開催された、那須川天心がメインを務めるRISE・大田区総合体育館大会のことも意識していた。


「同日開催の大会もあって、いま格闘技ブームになってると思います。まだ昔のブームには追い付いてないけど、今日から格闘技ブームってことで」


 観客にそうアピールした武尊。加えて「K-1最高を証明するために、闘わなきゃいけない相手もいる」とも。また「ブームで終わらせるつもりはない」と、K-1を野球やサッカー、オリンピックに負けないメジャースポーツにするという野望も語っている。ビッグマッチを成功させ、難敵に勝ってメインを締めた武尊だが、むしろここからが本格的なスタートか。その実力と可能性は底知れない。そうあらためて感じさせる見事な勝利だった。

文・橋本宗洋


(C)AbemaTV


【注目動画】
▶武尊のKOシーンも必見! 同日開催「K’FESTA2」

続きを見る