久保が城戸を振り切ったK-1ウェルター級、“日本人無敗男”ピケオー参戦でタイトル争いは混迷

 K-1ウェルター級タイトルマッチは、豊富なキャリアと高い実力を持つ選手同士の闘いになった。舞台は3月10日のさいたまスーパーアリーナ大会。王者・久保優太はこの試合が復帰戦となる。対する城戸康裕はスーパー・ウェルター級から階級を落とし、勝利を重ねて挑戦権を掴んだ。

 

 ともに旧K-1時代から活躍してきたベテランであり、テクニックや試合運びに長けているタイプ。強豪同士の対戦は、久保が階級を上げてベルトを巻き、そこに城戸が階級を落としてきたことで実現した。久保が60kg、城戸が70kgで闘っていた時代もあるだけに一昔前は想像できなかった対戦だが、K-1の階級が増えたこともあって、この実力者対決を見ることができたわけだ。


 どちらも巧さのある選手だけに接戦、競り合いが予想されたこの試合。実際、ゴングが鳴ってみると前半は間合いを探り合いながらの攻防に。フェイントをかけ合いながら、どちらも簡単には踏み込むことができない、緊張感のある闘いとなった。


 そんな中、久保が後半からやや踏み込んでパンチ。本戦の判定はドローとなり、延長戦でもパンチを連打していった久保が2-1と大接戦を制し、タイトル防衛を果たした。「とりあえずホッとしてます」という久保だったが、内容に関しては「塩試合になってしまいました」。3ラウンドに優位に立ったことで気を抜いてしまったという。


 敗れた城戸は「面白かろうが面白くなかろうが、ベルトを獲ることが目標だったので。そこに関しては全然ダメでしたね。久保くんはやっぱりうまかった」。しかし今後に関しては「まだまだ頑張ります」と、タイトル再挑戦への意欲を見せた。


 この3.10さいたま大会では、対日本人無敗のジョーダン・ピケオーが野杁正明をも下し、タイトル挑戦の最有力候補に躍り出た。また木村“フィリップ”ミノルは和島大海をKO、実力を見せ付けている。久保vs城戸の頂上決戦を終えたK-1ウェルター級だが、タイトルをめぐってはまだまだ厳しい闘いが続いていきそうだ。


(C)AbemaTV


【注目動画】
「武尊の完全KO」含む K'FESTA.2衝撃ハイライト

続きを見る