青木真也がRENAに熱視線「全部自分が“いいところ”を持っていく」

総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(YouTube)が放送された。このアワードは青木が格闘技の試合から、独自の目線で最も興味深かった試合を選び選手に賞を贈るという、格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設したもので、第13回は岡田遼を選出した。


「青木真也のあ~だこ~だ」のコーナーで、青木は最近気になる格闘家として、シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENAの名前を挙げる。


「RENAはやっぱりなんかいいですね」と語る青木は「最近一気にこの、僕の中で“スイッチ”が入りましたね、もう一段“ギア”を上げてきた感じはしますよ」と独自の見解を述べる。

RENAが某週刊誌に熱愛スキャンダルを取り上げられたことに触れて「“アレ”をシュートボクシングがAbemaでやる(放送する)タイミングで合わせてくるあたりとか、やっぱり『持ってるな』と思った」と持論を展開。


さらに青木は、RENAがMIOのセコンドに着く際に私服のような服装だったことについて「やっぱなんかこう、さすがだなと思いましたね」と評価して「全部自分が“いいところ”を持っていく」と分析してみせた。


(C)AbemaTV


【見逃し視聴】
【ONEライト級チャンピオンシップ】衝撃決着!エドワード・フォラヤン vs 青木真也

続きを見る