青木真也が明かした“自らの存在”を脅かすファイター 「割と危ないぞ」「器が違う」

3月26日に総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(YouTube)が放送。このアワードは青木が格闘技の試合から、独自の目線で最も興味深かった試合を選び選手に賞を贈るという、格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設したもので、第13回は岡田遼を選出した。


岡田は昨年の5月に『AOKI AWARD』を1度受賞しているが、今年の1月に開催された『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦』の修斗環太平洋バンタム級タイトルマッチで祖根寿麻を1ラウンドで下して第8代王座に輝き、今回2度目の受賞となった。


青木はエンディングで感想を求められると「賢さというか器が違うね彼は、優秀」と高く評価して「自分がやっていることを言語化することが得意な子」と分析。

その上で青木は「僕しかいなかった“立ち位置”だと思うんですけど、それが好感度を持ってできると『割と危ないぞ青木』みたいな」と、自身の立場を脅かす存在だと語る。


しかし、最後は岡田に対して「ちゃんと伝えるポジションをやっていってほしいし、それが彼のこれからの責任」とエールを送っていた。

(C)AbemaTV


【見逃し視聴】
【ONEライト級チャンピオンシップ】衝撃決着!エドワード・フォラヤン vs 青木真也

続きを見る