「皇治は男として薄っぺらい」「だから関西人は嫌い」 芦澤竜誠が『格闘代理戦争』に監督参戦で暴言連発

4月6日よりAbemaTVで『格闘代理戦争4thシーズン』がスタートする。


同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」として参戦し、トライアウト、ドラフト会議を経て結成したチーム同士で激突することに。優勝チームには賞金総額300万円と、「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。


「参加監督」の1人、芦澤竜誠は「そんなやる気はなかったですけど」と前置きしながらも「やるからには誰にも負けたくないんで、絶対1番になってやろうって気持ちでやりますね」と意気込み語る。


「俺も強くなるから一緒に強くなろうよみたいな感じの、仲間意識でいきたい」と指針を示すと「今のK-1選手たちに足りない、今後K-1が盛り上がっていくためには、俺に似た人間を探したい」とK-1の将来も視野に入れコメントした。


「いじめられてどうしようもなくて、引きこもってた奴でもなんでもいい、ヤンキーでもいいです。一通り俺色に染めてやるから、1番格好いい男にしてやる」と豪語する芦澤。


「皇治選手と武尊選手にいく人はみんなミーハーじゃないですか?」とバッサリ切り捨てると「あえて俺を選んだ奴は才能を感じますね」と言ってのけて「特に皇治には負けないですよね。生き方が違うんで。男として薄っぺらいじゃないですか。だから関西人は嫌いなんですよ」と対抗心をむき出しにした。


「ここだけは教えるというポイントはあるか?」との質問には「バズらせ方じゃないですか? 試合の注目を集めるっていうのが1番プロ選手として重要」と明言して「俺の選手が出てきたら、1番目立たせてあげたい」と親心をのぞかせる。


しかし生意気な態度をとるトライアウト生がいたら? という質問には「ひっぱたきますね(笑)」と、アメとムチを使い分ける姿勢を見せていた。


(C)AbemaTV


【視聴予約】
4月6日(土) 22時~放送 格闘代理戦争4thシーズン

続きを見る