「圧倒的に勝たしてもらう」武尊、『格闘代理戦争』監督として宣戦布告

4月6日よりAbemaTVで『格闘代理戦争4thシーズン』がスタートする。


同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」として参戦し、トライアウトとドラフト会議を経て結成したチーム同士で激突することに。優勝チームには賞金総額300万円と、「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。


参加者の1人、現K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊は「僕は気持ちで戦うファイターだと思ってる」と切り出すと「気持ちの強い選手を自然と選んじゃうんだろうな」「試合中に骨折しようがケガしようが、それを表に出さないようにできるのは気持ちの強さ」と、内面の強さを重視する。


また、武尊は「トライアウトに参加してくる選手って『格闘技で人生変えてやろう』って思って来てる選手ばっかりだと思うんで、1人1人全力で向き合わないと失礼」と、選ぶ側としての責任感を滲ませた。


昨年末に激闘を繰り広げた皇治と、今度は監督同士として戦うことについては「(皇治との)試合は勝ったんで、特に気にはしていないんですけど、勝負事ってなったらなんでも負けたくないし、他の選手全員に負けたくない」と明言する武尊。


チームのスローガンに「戦いは気持ち」と掲げ、各監督たちへのコメントを求められると「圧倒的に勝たしてもらいます」と宣言。「『武尊』という看板を背負わせる選手たちになるので、僕と同じように負けない選手、勝ち続ける選手になってもらえるようにしっかり指導していきたい」と意気込みを語った。


(C)AbemaTV


【視聴予約】
4月6日(土)22時より放送開始 格闘代理戦争4thシーズン#1

続きを見る