木村“フィリップ”ミノル「狂気とかが溢れ出てる選手」「男が惚れる男を探したい」/『格闘代理戦争』

4月6日よりAbemaTVで『格闘代理戦争4thシーズン』がスタートする。


同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」として参戦し、トライアウト、ドラフト会議を経て結成したチーム同士で激突することに。優勝チームには賞金総額300万円と、「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。


「参加監督」の1人、木村“フィリップ”ミノルは「めちゃくちゃ気合入ってますね、プライドを懸けた戦いなので」と早くも臨戦態勢だ。


選手の注目ポイントには「勢い」「バイブス」とキーワードを挙げ「狂気とかが溢れ出てる選手がいたら、速攻ピックアップしたい」と語った。


「リングの上で対面したときに“賭けてるもの”が大きい選手とか、溢れ出てるものが大きい選手の方が試合の流れを持っていっちゃう傾向があるので」と解説する木村は「見た目大事です、スター顔を見つけたいですね、男が惚れる男を探したい」と目をギラつかせる。


「アスリート気質でやんちゃな奴が一番やばい空気を醸し出す」と続けると「魔裟斗さんなんかは、もろにその傾向」とレジェンドの名前を挙げる。さらに「KIDさんは正直、僕が簡単に名前を口に出せるほどの存在じゃないんで、夢の存在ですね」と、山本“KID”徳郁への畏敬の念を述べる場面も。


「いい感じのアスリートを僕がピックアップして、やんちゃさは僕がつけ加える」と育成プランを語る木村。「僕は正々堂々の“パンチの奴”を育てるつもりなんで、打撃のチームですね、ストライカーを集めようと思います」と、チーム構成について明確なビジョンを掲げていた。

(C)AbemaTV


【視聴予約】4月6日22時~ 格闘代理戦争4thシーズン#1

続きを見る