皇治「最後に監督同士戦うっていうのもいい」 『格闘代理戦争』で武尊にリベンジを希望

4月6日よりAbemaTVで『格闘代理戦争4thシーズン』がスタートする。


同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」として参戦し、トライアウト、ドラフト会議を経て結成したチーム同士で激突することに。優勝チームには賞金総額300万円と、「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。


「参加監督」の1人、皇治は心境を聞かれると「選手よりそっち(監督)の方が向いてるから、適役かなって思ってますけど」と強気に言い放つ。


「“成り上がり”と言えば俺なんで」と明言すると「『格闘代理戦争』は成り上がる番組だとは思うから、俺に最適な番組」「モテるために戦争してきたんで」と不敵な笑みを浮かべた。


どんなチームを作りたいか? という質問には「全員イケてるオトコにしたい」と回答。強さはもちろん「しゃべり」やルックスも重要視するという。


「(木村“フィリップ”)ミノル君、久保(優太)君、芦澤(竜誠)君、この3人がベベ(ビリ)争いちゃいます?」と語る皇治は「トップ争いは武尊と俺、“間接リベンジ”ですね」と、昨年末の激闘の借りを返す気満々で「最後に監督同士戦うっていうのもいいですね」と発言する場面も。


「モテるために、命を賭けてカッコつける」とスローガンを掲げた皇治は「俺だけ見てたら楽しいやろうし、俺だけ見てたらエエ夢見したるから、俺についてこいって感じで」と話し、最後まで強気な姿勢を崩さなかった。

(C)AbemaTV


【視聴予約】4月6日22時~ 格闘代理戦争4thシーズン#1

続きを見る