これが芦澤竜誠の“引っぱたき”学 トレーニング初日にメンバーを“フルボッコ”!

 4月13日に『格闘代理戦争4thシーズン』が放送された。


 同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」として参戦し、トライアウト、ドラフト会議を経て結成したチーム同士で激突することに。優勝チームには賞金総額300万円と、「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。


 トライアウト、ドラフト会議を経て結成された芦澤竜誠によるチーム「芦澤一家」は、大久保にある<K-1ジム総本部チームペガサス>で練習を開始する。チームメンバーの面構えを「いいんじゃないですか?」と語る芦澤だったが「練習で弱音吐いたりとかしてたら、俺が引っ叩くだけなんでね」と、くぎを刺す。


 ここから芦澤による“引っぱたき学”トレーニングがスタート。この日のメニューはスパーリングで「ボコボコにする気はない、レベルを合わせながらやる」と、まずは実力を測るためにメンバーたちと拳を交えることになった。

 「スパーリングにはならない」と芦澤が豪語していたとおり、チームメンバーは芦澤のプレッシャーの前に次々とフルボッコ状態に……。ときには相手の闘志を試すように、ノーガードで平然と自身を殴らせるなど、プロファイターとして格の違いを見せつけていた。


 スパーが終わると芦澤はそれぞれにダメ出しをして、さらには「みんなあの攻撃力じゃ人は倒せない、アマチュアのめちゃくちゃ弱い選手だったら倒せるけど、気合入れて人生かけてる選手は倒せない」と、決定力不足を厳しく指摘していた。


 プロとしての実力を誇示した芦澤は「そこらへんの『芦澤に勝てるとか言うクソガキのヤンキーども、ナメんじゃねえぞって話だから」とアンチたちへコメントすると「これルールあるけど、ルールなかったらヤバいかんな」と言い放っていた。

(C)AbemaTV


【見逃し視聴】
格闘代理戦争4thシーズンでK-1ファイターの内乱勃発!?

続きを見る